とても返済出来ないような借金を抱えてしまった方によくご利用されているのが債務整理の手続きです。
しかし債務整理では注意したいポイントが3つあります。
まず最初に注意したいポイントは債務整理を行うと信用情報に記録されてしまう点です。
信用情報を収集している信用情報機関には信販会社や消費者金融会社、クレジット会社、金融機関など様々な会社が加盟しています。
信用情報にはクレジットやローンなどの申込情報や利用記録などの個人情報が入っています。
信用情報機関に加盟している会社からお金を借りようとお申込みすると、審査の段階でお申込者の信用情報がチェックされます。
この信用情報は加盟している会社同士で共有しています。
もし過去に債務整理を行った記録が残っていると、別の会社にお申込みしても審査に落とされてしまいます。
債務整理後にお金に困っても審査に受からないので借りることが出来ないのです。
しかし永久に記録されたままでは無く、一定期間が経過すれば信用情報から削除されます。
債務整理の種類によって記録されている期間が違い、自己破産や個人再生で約7年から10年、任意整理で約5年です。
削除されればお金を借りられるようになりますが、債務整理をした会社にお申込みしても審査に受かる可能性は非常に少ないです。
2つ目に注意したいポイントはどなたでも債務整理が認められるわけでは無い事です。
自己破産では免責不許可事由があり、これに該当していると免責が認められないです。
裁判所に支払い能力が無いと判断されないと自己破産が出来ないです。
個人再生では住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下という条件が付いており、これ以上の借金額ではご利用できないです。
そして3つ目に注意したいポイントは連帯保証人に悪影響がある点です。
自己破産や個人再生を行うと、債権者から連帯保証人に対して代わりに支払いするように求めてきます。
連帯保証人になっていると支払いを求められても断ることが出来ないです。
もし連帯保証人も支払い出来ない場合は、連帯保証人も債務整理を行うしかなく迷惑を掛けてしまいます。
任意整理の場合は債権者を選べるために、連帯保証人を立てている借金があれば外すことが可能です。