多数のローン会社を利用して、気が付いたら時には利息だけで給料の大半が消えてしまう状況になった場合、内容が内容だけに家族、友人に相談する事が出来ずに悩む事も多いかもしれません。ボーナス等の臨時収入で何とか生活していくのは、現実的に難しく、苦しいだけで更に借金が増える原因にもなりかねません。

債務整理では『現状を正直に話す心構え』と『きちんと対応してくれる弁護士事務所へ行く事』。この2点が重要です。
最初の『現状を正直に話す心構え』ですが、現在、何社から借り入れしている、何社で滞納をしている等の情報を全て話す覚悟が必要です。いざ弁護士さんを前にすると、見栄を張りたいのか借り入れしているローン会社や支払いが滞っている会社を少なく申告する方もいます。スムーズに処理をしてもらうためには正直に話す事が大事になります。
次の『きちんと対応してくれる弁護士事務所へ行く事』は非常に重要なのですが、実際に依頼しないと分からないことも多いのも事実です。ですから可能な限り、事前に情報を集める(インターネット、知人、友人等)事が重要になります。

債務整理をする事を決めて、相談する弁護士事務所も決まったら、まずは弁護士事務所へ電話をして予約をします。その際に必要な物は教えてくれます。また借り入れをしてるローン会社のカード、借用証明書、請求書等可能な限り揃えて持ち込むとスムーズに処理してもらえます。弁護士の方も仕事で処理しますので、恥ずかしがらずに全て話して、対応方法の説明に不安な点が無いようでしたら、改めて依頼をする事になります。
また必要となる費用はケース(支払い以前に証明書の必要、各会社と折衝(未払いのまま逃走していた期間がある等)で変わりますが、着手金として入金しても、使わない場合には返却されます。すでに長期間の返済がある場合、過払い金請求も同時に行ってもらい、場合によっては返金で借金の返済を超えるケースもありえます。また残債が残った場合でも各社への折衝はもちろん残債をまとめてもらう事も可能な事もあります。

一人で悩んでいる間にブラックリストに入ったり、人として最悪の事態を選択する前に、弁護士へ相談して、新しい一歩を踏み出す事をおすすめします。